メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

患者の目線で=永山悦子

 漫画家のさくらももこさんの訃報に驚いた人は多いだろう。「ピーヒャラ~♪」くらいしか「ちびまる子ちゃん」を知らない私も、53歳という早すぎる別れに驚いた。さくらさんが病んだ乳がんは、治療の進展によって全体の10年生存率は8割を超え、「治るがん」になりつつある。一方、進行した場合は今も見通しは厳しい。

 さくらさんの闘病の詳細は明らかではないが、一般にがん治療は常に決断を迫られる。それも一度選ぶと後戻りできない「命がけの選択」だ。そのとき、よりどころになるのが、それぞれの学会が科学的根拠に基づき「最良の治療」をまとめた診療ガイドラインだ。

 先月、がん患者がガイドライン作りを体験するイベントに参加した。「肺がん治療薬A~Cは効果が確認され…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです