メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

患者の目線で=永山悦子

 漫画家のさくらももこさんの訃報に驚いた人は多いだろう。「ピーヒャラ~♪」くらいしか「ちびまる子ちゃん」を知らない私も、53歳という早すぎる別れに驚いた。さくらさんが病んだ乳がんは、治療の進展によって全体の10年生存率は8割を超え、「治るがん」になりつつある。一方、進行した場合は今も見通しは厳しい。

 さくらさんの闘病の詳細は明らかではないが、一般にがん治療は常に決断を迫られる。それも一度選ぶと後戻りできない「命がけの選択」だ。そのとき、よりどころになるのが、それぞれの学会が科学的根拠に基づき「最良の治療」をまとめた診療ガイドラインだ。

 先月、がん患者がガイドライン作りを体験するイベントに参加した。「肺がん治療薬A~Cは効果が確認され…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです