メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

渋谷で終章「吉増剛造展」 詩とイメージの重層 先人の作品交え独自の芸術に迫る

企画展について語る吉増剛造さん=渋谷区立松濤美術館で

 現代詩をリードしつつ写真や映像、造形など多彩な表現に挑み続ける詩人、吉増剛造さん(79)の半世紀を超える軌跡をたどる企画展「涯(ハ)テノ詩聲(ウタゴエ) 詩人 吉増剛造展」が、東京・渋谷の渋谷区立松濤美術館で開かれている。

 昨年11月から栃木県の足利市立美術館、沖縄県立博物館・美術館を経てきた展覧会を締めくくる最終展。影響を受けた表現者たちの作品や資料など約140点を一堂に集め、吉増さんの先鋭的な芸術活動の核心に迫る。美術館を舞台にした企画展は、一昨年夏、東京国立近代美術館(千代田区)の特別展「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」以来となる。

 展示は3部構成。第1部「詩集の彼方(かなた)へ」では、『黄金詩篇』『オシリス、石ノ神』『怪物君』な…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです