メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳に風

低姿勢を演じる空気=松井宏員

 ここ数年、耳に付くのが「~させていただきます」という言い方だ。政治家も芸能人もスポーツ選手も隣の人も口にするが、どうにも違和感があって、すっきりしない。

 毎日新聞のデータベースで「させていただく」を検索すると、まあ山ほど出てくる。最近の記事では、自民党総裁選に関して派閥のリーダーが「安倍(晋三)総裁を支持させていただくことで了解を得た」、文部科学省の汚職事件に関与した大学は、内部調査の結果を「まとまり次第、公表させていただく」、プロアマ戦で同伴者に不愉快な思いをさせたゴルフ選手は「トーナメント出場を自粛させていただく」--。挙げればキリがない。

 誰に遠慮して、誰にへりくだっているのか。「総裁を支持する」で済むのに、アベさんにへりくだりすぎ。支…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです