メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

東出昌大 映画「寝ても覚めても」で一人二役 作為を超え、無垢になって

映画「寝ても覚めても」に出演する俳優の東出昌大=梅田麻衣子撮影

 「役者冥利に尽きるという言葉の一番核にある感覚を経験でき、うれしい時間でした」

 公開中の映画「寝ても覚めても」(浜口竜介監督)で、ミステリアスな自由人・麦(ばく)と、堅実なサラリーマン・亮平の二役を演じた。作品は第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品。何よりも、「すごい監督」と評判の浜口と仕事を共にできたことは大きな喜びだ。

 大阪に住む朝子(唐田えりか)は写真展からの帰り道、会場にいた麦と目が合い、そのまま恋に落ちる。運命…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです