メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 のどかな集落が炎に包まれたのは1945年6月19日午後11時半ごろのことだった。米軍のB29爆撃機が福岡県雷山村(現糸島市)の上空から焼夷(しょうい)弾を投下し、幼子ら8人が犠牲になった。ほぼ同時刻に福岡市も標的となり、1000人を超す死者・行方不明者が出た。

 先日、雷山空襲で被災した興福寺を訪ねると、人の背丈ほどの高さの首のない地蔵が出迎えてくれた。頭部は完全に失われ、胴体…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  2. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  3. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  4. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです