メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡辺酒造店

飛騨の日本酒、世界に 米国人の蔵人奮闘 岐阜

 岐阜県飛騨市の老舗「渡辺酒造店」で米国人の蔵人ダリル・コディー・ブレイルズフォードさん(46)が酒造りに奮闘している。魅了された飛騨の日本酒を世界に広めたいと、自ら仕込んだ酒を海外で売り出した。現在、店に欠かせない存在になっている。

 テキサス州でスポーツ選手のトレーナーとして働いていたコディーさんは、岐阜県高山市出身の日本人女性との結婚を機に2006年、同市に移住した。蔵人を募集する渡辺酒造店の広告を目にしたのが転機になった。

 日本酒は苦手だったが、妻の父に薦められ、みずみずしさに驚いたのが同店の純米大吟醸。「あの感動を思い…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです