メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた人模様

新潟水俣病を題材にした小説を書く 新村苑子さん /新潟

「みな一生懸命生きている」 新村苑子さん(81)

 「律、雄一さんとの付き合いは出来ねことになったんだわや」。洋裁学校に通う律子はある日、恋人の雄一との交際を断つよう父親から言い渡される。「なに言うてるん、父ちゃん」「一度だって水俣の話なんかしたこともないし、うちのことを聞かれた事もなかったし」(カギ括弧部分は「律子の舟」より)……。代表作、「律子の舟」は、水俣病患者家族を取り巻く差別の理不尽さを描いていく。

 新潟水俣病の公式確認から50年を過ぎてなお、被害者と国、原因企業との法廷での争いが続く。被害者たち…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1086文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです