メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アート展

漂着物、アートに変身 ヒカリ美術館の池田さんら制作 「社会見直す機会に」 9日まで、京丹後・峰山 /京都

「アートで町を盛り上げたい」と話す池田修造さん=京都府京丹後市峰山町で、塩田敏夫撮影

 「海からの漂着物」を題材にしたアート展「メタモルフォーゼ×アート×漂着」が2日、京丹後市峰山町の旧田中家具店で始まった。丹後アート会議とヒカリ美術館が「大量生産、大量消費の社会を見直す機会にしたい」と企画し、流木を使った作品など20点を展示した。近くの金刀比羅神社を拠点に9日に開く「こまねこまつり」とも連動し、アートで町を元気にしたいという。【塩田敏夫】

 ヒカリ美術館(同市網野町浜詰)を主宰する池田修造さん(65)ら9人のアーティストが出品した。現代美…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです