メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街かど・撮っておき

篠山・王地山公園 まけきらい稲荷、鎮座 /兵庫

王地山まけきらい稲荷の鳥居と石段=兵庫県篠山市河原町で、丸井康充撮影

 篠山の城下町中心部の東にある王地山公園(篠山市河原町)。春には桜の名所として知られ、一帯には神社や寺院、温泉を併設した宿泊施設などがあり、市民の憩いの場と観光スポットになっている。その公園の西側に230段以上の長い石段に50基以上の赤い鳥居がトンネルのように続く「王地山まけきらい稲荷」がある。石段を登りきると、左手に土俵の上にまつられている珍しいまけきらい平左衛門稲荷社が鎮座する。

 なぜ「まけきらい」という名がついたのか。篠山藩主・青山忠裕公が老中だった文政年間(1818~31)…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです