メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街かど・撮っておき

篠山・王地山公園 まけきらい稲荷、鎮座 /兵庫

王地山まけきらい稲荷の鳥居と石段=兵庫県篠山市河原町で、丸井康充撮影

 篠山の城下町中心部の東にある王地山公園(篠山市河原町)。春には桜の名所として知られ、一帯には神社や寺院、温泉を併設した宿泊施設などがあり、市民の憩いの場と観光スポットになっている。その公園の西側に230段以上の長い石段に50基以上の赤い鳥居がトンネルのように続く「王地山まけきらい稲荷」がある。石段を登りきると、左手に土俵の上にまつられている珍しいまけきらい平左衛門稲荷社が鎮座する。

 なぜ「まけきらい」という名がついたのか。篠山藩主・青山忠裕公が老中だった文政年間(1818~31)…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 韓国国防省「日本が近接飛行」 東シナ海暗礁付近
  4. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです