メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街かど・撮っておき

篠山・王地山公園 まけきらい稲荷、鎮座 /兵庫

王地山まけきらい稲荷の鳥居と石段=兵庫県篠山市河原町で、丸井康充撮影

 篠山の城下町中心部の東にある王地山公園(篠山市河原町)。春には桜の名所として知られ、一帯には神社や寺院、温泉を併設した宿泊施設などがあり、市民の憩いの場と観光スポットになっている。その公園の西側に230段以上の長い石段に50基以上の赤い鳥居がトンネルのように続く「王地山まけきらい稲荷」がある。石段を登りきると、左手に土俵の上にまつられている珍しいまけきらい平左衛門稲荷社が鎮座する。

 なぜ「まけきらい」という名がついたのか。篠山藩主・青山忠裕公が老中だった文政年間(1818~31)…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです