メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捕鯨

建設的な議論を 映画監督・八木景子さん、日本に発信期待

映画祭のためロサンゼルスを訪れ、捕鯨問題について語った八木景子監督=米ロサンゼルスで2018年8月18日、長野宏美撮影

 国際捕鯨委員会(IWC)総会を前に、日本の捕鯨を巡る論争を追い、反捕鯨派に対して反論する視点も紹介するドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の八木景子監督(51)に映画製作のいきさつや総会への期待などを聞いた。

 製作のきっかけは2014年の国際司法裁判所(ICJ)の判決だった。日本が南極海での調査捕鯨の中止を命じられ、「鯨肉が食べられなくなるのでは」と思い、関係者に話を聞き始めた。

 10年にアカデミー賞を受賞した米映画「ザ・コーヴ」は和歌山県太地町のイルカ漁を反捕鯨派の視点から批…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです