メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

パキスタンに圧力強化 新政権に軍事援助停止 タリバンと絶縁求める

 【ニューデリー松井聡】米国防総省は、パキスタンへの軍事援助3億ドル(約330億円)の支給停止を決めた。ロイター通信などが1日報じた。トランプ米政権はパキスタンに隣国アフガニスタンの旧支配勢力タリバンを支援しないよう求めてきたが、取り組みが不十分だと判断した模様。8月に発足したばかりのパキスタン新政権に対し、対テロ戦争への協力を強く迫った形だが、パキスタンの反発も予想され、アフガン情勢が一層混迷する可能性もある。

 米政府は1月に軍事援助の「凍結」を発表する一方、パキスタンのタリバンへの取り組み次第で凍結を解除す…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです