メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

台湾2高官と会談 立法院長・衛生相 中国をけん制か

 【台北・福岡静哉】台湾立法院(国会)の蘇嘉全・院長(議長)は8月31日、米ワシントンで米下院のライアン議長(共和党)と会談した。同29日には台湾の陳時中・衛生福利部長(衛生相)がアザー米厚生長官と会っており、米台のハイレベル会談が相次いでいる。中国との貿易戦争が激しさを増す中、トランプ米政権は「台湾重視」の姿勢を強め、中国側をけん制しているとみられる。

 蘇氏はマケイン上院議員(共和党)の葬儀に出席するため訪米。これに合わせライアン氏と会談した。蘇氏は…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです