メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
記者ノート

学びたい気持ち、拒まない

 久々に会った彼は、日に焼けて少したくましくなっていた。神経疾患の難病「トゥレット症候群」と向き合う相模原市の桜美林大健康福祉学群1年、酒井隆成さん(18)。「心理学は難しいけど、大学は楽しい」と笑った。

     トゥレットは自分の意思に関わらず勝手に体が動き、声が出てしまう障害。学童期の子どもで、1000人のうち3~8人が発症するともいわれるが、極端に低い認知度が発症者たちを苦しめる。酒井さんも幼い頃から、好奇の目と闘ってきた。「うるせえ」と怒鳴られたこともある。高校入試では障害を理由に受験できない学校もあり、悔し涙を流した。

     つらい経験が向学心を生んだ。同じような病で苦しむ人を助けようとカウンセラーを志すようになった。大学では、外に出やすいよう最後列のドア付近に座る。鉛筆を放り出してしまうのでノートを取れず、授業の後で先生に教えを請う。

     酒井さんの進学を支えたのは母校の県立高校だった。定期試験の時間配分など、学習面でこまやかな気配りをしてくれた。早い段階から進路指導をし、職業経験もさせてくれた。「障害を理由に、学びたい気持ちを拒むことはできない」。先生はそう言い切ったという。教育現場には生徒の未来を支える重要な役割がある。【国本愛】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです