メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

「汚いけど良いもの」面白い

トイレトレーニング中でおまるに興味津々の男児=矢澤秀範撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 言葉の発達が進む3歳ごろになると、ウンチやおしっこ、おしりやおちんちんといった言葉を口にするたび子どもが笑うことがある。ウンチやおしっこを面白がるわけを探った。

 ●自分のものと意識

 「とても良いものであり、汚いものであるという両方の意味を持つことが面白いのでしょう。ウンチはいまだに自分の体の中のもの、という意識もあります」。こども・思春期メンタルクリニック(東京都新宿区)の精神科医でもある白百合女子大の木部則雄教授(精神分析)は、幼児が笑う理由をそう説明する。幼児は自己の内部と外部や、自己と他者を識別する境界が発達途上にあることも関係する。

 親にとって、子どもが毎日健康的にウンチやおしっこを出すのは望ましいことだ。おむつを外すトイレトレー…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです