メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

「汚いけど良いもの」面白い

トイレトレーニング中でおまるに興味津々の男児=矢澤秀範撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 言葉の発達が進む3歳ごろになると、ウンチやおしっこ、おしりやおちんちんといった言葉を口にするたび子どもが笑うことがある。ウンチやおしっこを面白がるわけを探った。

 ●自分のものと意識

 「とても良いものであり、汚いものであるという両方の意味を持つことが面白いのでしょう。ウンチはいまだに自分の体の中のもの、という意識もあります」。こども・思春期メンタルクリニック(東京都新宿区)の精神科医でもある白百合女子大の木部則雄教授(精神分析)は、幼児が笑う理由をそう説明する。幼児は自己の内部と外部や、自己と他者を識別する境界が発達途上にあることも関係する。

 親にとって、子どもが毎日健康的にウンチやおしっこを出すのは望ましいことだ。おむつを外すトイレトレー…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1270文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. AV問題 フリー女優連盟が発足 出そろった業界団体
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです