メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

聴覚障害生徒の進学支援 都内で大学生が無料塾

塾では手話や、講師の話した内容をスクリーンに映し出す「要約筆記」など、聴覚障害のある生徒が分かりやすい指導法が取り入れられている=東京都新宿区で

 <kyoiku no mado>

 聴覚障害のある中高生の大学進学を支援するため、福祉専門の日本社会事業大学(東京都清瀬市)の現役学生らが講師を務める無料学習塾が、都内で開かれている。手話通訳や、講義で話した内容をスクリーン上にまとめる「要約筆記」など、生徒のニーズに合わせた指導法を取り入れた。塾を主催する同大関係者らは「聴覚障害生徒が進学を目指すための支援基盤は弱い。生徒の学習権を保障するためにも支援を進めるべきだ」と指摘する。【蒔田備憲】

 「それでは授業を始めます」。教室に姿を見せた英語担当の講師があいさつをすると、スタッフがすぐに言葉…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2230文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです