メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

当然?それとも負担? あなたにとって月経とは

 「あなたにとって月経とは?」。クリニックを訪れる患者に、頻繁に向ける問いかけです。「毎月来ないと心配」「女性であるならば当たり前のこと」「邪魔者」「痛みに耐えるのがつらい」などなど。大ざっぱにいって、「月経はない方がいい」の意見が多いようです。中には、月経痛があるたびに、痛みのない人たちとの間に大きなハンディキャップを感じてしまうと言い切った女性もいます。このように回答したのは、ピルを使って月経周期を調節し、月経痛から見事に解放された女性です。

 どうして日々、このような質問を繰り返しているのか? 最近、女性ホルモン剤を成分とした保険適用のある…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1055文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです