メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・MyWay

わたしの生き方 時代超える旅目指す 作家・探検家 角幡唯介さん

「子どものころは革命家やスパイに憧れていました」=神奈川県鎌倉市で、宮武祐希撮影

角幡唯介(ゆうすけ)さん

 両親がスーパーを経営していて、長男の俺は継ぐ立場でしたが、それがすごく嫌で。親が社長ですから、店長さんやパートのおばさんが「可愛いね」と言ってくれるわけじゃないですか。でも、その優しい声が重荷。俺のことを可愛がってくれるのは、俺が俺であるからではなく、社長の息子だからだろうみたいな。自分が生まれながらに特別な場所を与えられている。恵まれているという劣等感がある子どもでした。

 もともと人とは違う生き方に憧れていました。早稲田大2年の時に「世界の可能性を拓(ひら)け」という探…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1463文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです