メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

フジサンケイ・クラシック 22歳星野陸、涙の初V 運も味方、5打差独走

最終日(2日、山梨・富士桜CC=7566ヤード、パー71)

 22歳の星野陸也が7バーディー、2ボギーの66と伸ばして通算16アンダーの268とし、初日からトップを守ってツアー初優勝を飾った。賞金2200万円を獲得。

 66を出した今平周吾が通算11アンダーで2位、67で回った重永亜斗夢が10アンダーで3位に入った。木下稜介とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が4位、池田勇太は6位だった。

 後続を5打差で振り切り、初日から単独首位を守る完全優勝だった。22歳の星野陸は最終18番でパットを…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1101文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです