メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

フジサンケイ・クラシック 22歳星野陸、涙の初V 運も味方、5打差独走

最終日(2日、山梨・富士桜CC=7566ヤード、パー71)

 22歳の星野陸也が7バーディー、2ボギーの66と伸ばして通算16アンダーの268とし、初日からトップを守ってツアー初優勝を飾った。賞金2200万円を獲得。

 66を出した今平周吾が通算11アンダーで2位、67で回った重永亜斗夢が10アンダーで3位に入った。木下稜介とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が4位、池田勇太は6位だった。

 後続を5打差で振り切り、初日から単独首位を守る完全優勝だった。22歳の星野陸は最終18番でパットを…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1101文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです