メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ陸上

日本選手権 車いすT52 佐藤、2種目大会新

男子1500メートル(車いすT52)決勝でフィニッシュする佐藤友祈=高松市の屋島レクザムフィールドで2018年9月2日、久保玲撮影

 パラ陸上の日本選手権は2日、高松市の屋島レクザムフィールドで行われ、男子400メートルと1500メートル(ともに車いすT52)の世界記録保持者、佐藤友祈(WORLD-AC)が400メートルを56秒23で制した。出場1人の1500メートルでも3分29秒90をマークし、両種目で自身の大会記録を更新した。

 女子100メートル(切断などT47)は重本(旧姓・辻)沙絵(日体大大学院)が13秒42で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです