メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ陸上

日本選手権 車いすT52 佐藤、2種目大会新

男子1500メートル(車いすT52)決勝でフィニッシュする佐藤友祈=高松市の屋島レクザムフィールドで2018年9月2日、久保玲撮影

 パラ陸上の日本選手権は2日、高松市の屋島レクザムフィールドで行われ、男子400メートルと1500メートル(ともに車いすT52)の世界記録保持者、佐藤友祈(WORLD-AC)が400メートルを56秒23で制した。出場1人の1500メートルでも3分29秒90をマークし、両種目で自身の大会記録を更新した。

 女子100メートル(切断などT47)は重本(旧姓・辻)沙絵(日体大大学院)が13秒42で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです