メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田総務相

「ねじ巻き直し前に進む」3年後総裁選に意欲

自民党総裁選の不出馬に言及する野田総務相=岐阜市日ノ出町で2018年9月2日、岡正勝撮影

 野田聖子総務相は2日、岐阜市内で街頭演説を実施した。立候補を断念した自民党総裁選に言及し「今回は撤退したが、これは止まることではない。ねじを巻き直し前に進む」と述べ、3年後の総裁選に挑戦する意欲を示した。

 野田氏は立候補に必要な20人の推薦人が集まらず、出馬断念を余儀なくされた。出馬に向けて、浜田靖一衆院議員や小此木八郎国家公安委員長らによる「野田氏支持」の動きについて触れ「たった一人で取り組んでいた3年前を思えば一歩前進だ」と主張。さらに、自らの政策集を出した意義も強調した。同時に「自民党の取りえは多様性。いろいろな人の意見を吸収、咀嚼(そしゃく)し、答えを出してきたのが自民党が長続きした理由だ。その炎を消さないよう頑張りたい」と述べた。【岡正勝】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです