メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

「化学兵器」再び懸念 反体制派拠点を近く攻撃か

シリア・イドリブ県

 【カイロ篠田航一】2011年から内戦が続くシリアで、反体制派に残された最後の重要拠点・北西部イドリブ県に対するアサド政権の総攻撃が近いとの観測が強まっている。政権軍がイドリブ県を制圧した場合、内戦における政権側の勝利が事実上固まる。政権軍はこれまで反体制派の支配地域を攻撃する際、多数の死者を出す化学兵器を使用した疑いが度々浮上していることから、反体制派からは「再び虐殺が起きる」との懸念も出ている。

 「国際社会はアサド政権に厳しい姿勢を見せるという『ショー』を演じてきただけで、実際は政権軍の蛮行を…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです