メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始業式

2カ月ぶりに再会 豪雨被害の真備の小中学校でも

市立玉島小の児童たち(手前)と対面し、あいさつをする市立箭田小の児童たち=岡山県倉敷市で2018年9月3日午前9時25分、平川義之撮影

 西日本豪雨で浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区の市立小中学校、高校計9校で3日、2学期の始業式があった。各校は豪雨の影響で7月6日から臨時休校し、そのまま夏休みとなった。約2カ月ぶりの授業で、子供らの歓声が響いた。

 このうち市立箭田(やた)小(全校児童268人)は校舎が浸水。仮設校舎は今月末に完成…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. どうすれば安全安心 迷子、事前にできること 「子どもの視野の狭さ」知って
  3. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  4. 博多の中1女子死亡 柔道事故 大外刈りの受け身練習、「時期尚早の可能性」 第三者委が指摘 /福岡
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです