メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

真備の小6、浸水時の体験を寄稿 毎小に

西日本豪雨後の8月下旬、友人と再会して喜ぶ坂東律彦さん(左端)=岡山県倉敷市真備町で、戸田紗友莉撮影

 西日本豪雨による堤防決壊で大規模浸水が起き、51人が亡くなった岡山県倉敷市真備(まび)町地区。被災した市立薗(その)小6年、坂東律彦(のりひこ)さん(11)が、浸水時のことを手記にし、毎日小学生新聞に寄稿した。8月3日付の1~2面に大きく掲載され、全国の子供たちに水害の恐ろしさを訴えた。9月3日は始業式で元気に登校した坂東さんは「多くの人に今回の被害を知ってほしい」と話す。

 「七夕なのに、目の前には、天の川ではなく、茶色の川が流れていました」。手記はこんな書き出しで始まる…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです