メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇団四季

新作は「パリのアメリカ人」 製作発表会見

劇団四季の新作ミュージカル「パリのアメリカ人」の製作発表会見に臨んだスタッフと出演者ら=東京都港区で2018年9月3日午後2時11分、小玉沙織撮影
劇団四季の新作ミュージカル「パリのアメリカ人」の製作発表会見に臨んだ出演者たち=東京都港区で2018年9月3日午後2時14分、小玉沙織撮影

 劇団四季は3日、2019年1月から上演する新作ミュージカル「パリのアメリカ人」の製作発表会見を東京都内で開いた。1951年に公開された同名映画を基に、2014年にパリで初演、15年に米ブロードウェーで上演されたミュージカルの日本初演。ガーシュウィン兄弟の楽曲を使い、クラシックバレエ、ジャズダンス、タップダンスとさまざまなダンスが織り込まれたミュージカルだという。

     物語の舞台は第二次世界大戦直後のパリ。軍を退役して画家を志すアメリカ人の青年ジェリーと、バレリーナを目指すパリジェンヌ・リズの恋を中心に、夢を追う若者たちの奮闘する姿を描く。

     劇団四季の吉田智誉樹(ちよき)社長は「非常に上質な大人の作品。言葉以上に雄弁に語るダンスはとても難易度が高いが、四季の表現力を高めることになると思い、挑戦することにした」と意気込みを語った。演出・振り付けを担当するクリストファー・ウィールドンは「ストーリーだけではなく、ユニークな表現方法も楽しんでほしい」とアピールした。

     会見にはオーディションで選ばれた主要キャスト候補も参加し、楽曲のメドレーを披露。キャストを代表してジェリー役候補の松島勇気が「『パリのアメリカ人』は自分が俳優として悩んでいたときに観劇し、演劇人生ががらりと変わった、僕を救ってくれた作品。一人でも多くの人に作品の感動を伝えたい」と語った。

     公演日程は来年1月20日~3月8日、東京・渋谷の東急シアターオーブ、3月19日~8月11日、横浜のKAAT神奈川芸術劇場。問い合わせは03・5776・6730。【小玉沙織】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
    2. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
    3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
    4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです