メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操パワハラ

第三者委を今週中に設置 スポーツ庁に説明

スポーツ庁などが入る庁舎=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 日本体操協会は3日、スポーツ庁に対して、女子の宮川紗江選手(18)がコーチから暴力行為を受けたことや、協会幹部からのパワーハラスメント被害を告発したことについて、経緯を説明した。今週中にも第三者委員会を設置し、今月中に調査結果をまとめる方針も伝えた。スポーツ庁は事実解明のほか、再発防止策も講じるよう求めた。

 日本協会の山本宜史専務理事がスポーツ庁の斎藤福栄総括官らと面会した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです