メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操パワハラ

第三者委を今週中に設置 スポーツ庁に説明

スポーツ庁などが入る庁舎=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 日本体操協会は3日、スポーツ庁に対して、女子の宮川紗江選手(18)がコーチから暴力行為を受けたことや、協会幹部からのパワーハラスメント被害を告発したことについて、経緯を説明した。今週中にも第三者委員会を設置し、今月中に調査結果をまとめる方針も伝えた。スポーツ庁は事実解明のほか、再発防止策も講じるよう求めた。

     日本協会の山本宜史専務理事がスポーツ庁の斎藤福栄総括官らと面会した。

     山本専務理事は面会後に記者会見し、宮川選手が代表候補を辞退した世界選手権(10月25日からドーハ)に言及。「(他の代表候補)選手の精神状態は良くない。そのケアも含めて、選手を試合に集中させてあげたい」と述べ、弁護士ら3人程度で構成する第三者委で、早急に調査を行う考えを示した。

     日本協会は、宮川選手を指導中に暴力行為があったとして速見佑斗コーチを無期限の登録抹消処分とした。宮川選手は、この件に関して塚原千恵子女子強化本部長、塚原光男副会長と面談した際に塚原夫妻からパワハラを受けたと訴えている。第三者委は宮川選手、塚原夫妻らに聞き取り調査を行い、パワハラ行為の有無について調べる。【田原和宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
    3. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
    4. CINEMA 響-HIBIKI- /愛知
    5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです