メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・網走

能取湖が漁業法上「海」に 道内66年ぶり

海になった能取湖で、さっそく解禁のサケ釣りを楽しむ太公望たち=網走市能取漁港で

 北海道網走市の能取(のとろ)湖が1日に漁業法上の「海」となり、最初の日曜日となった2日は解禁されたサケ釣りの人たちが岸壁にずらりと並んだ。道内での見直しは1952年の温根沼(根室市)以来66年ぶりで、同様のケースはほかにサロマ湖、風蓮湖、厚岸湖がある。

 市などによると、能取湖は全国で13番目の広さで、最も深いところで水深23.1メートル。かつては冬にしけると海につながる湖口が土砂で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです