メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

3時間超える熱戦制す 錦織圭16強進出

2年ぶりの16強進出をきめた錦織圭=AP

 テニスの4大大会最終戦、全米オープン第6日は1日、男子シングルス3回戦は、第21シードの錦織圭(日清食品)が、第13シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を6-4、6-4、5-7、6-1で破り、2年ぶりの16強進出。

 3時間を超える熱戦の末、シュウォーツマンとの壮絶な打ち合いを制した錦織に笑顔は少なかった。「出だしが苦しく大変な試合になった」。スコア以上の激戦で、コート上での表情は疲れ切っているように見えた。

 序盤から硬さが見られた錦織は、第1セットで1-4とリードされたが、徐々に硬さがとれるとバックハンド…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. カルビー 加熱すると…ポテチ出火で販売中止
  4. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです