メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

3時間超える熱戦制す 錦織圭16強進出

2年ぶりの16強進出をきめた錦織圭=AP

 テニスの4大大会最終戦、全米オープン第6日は1日、男子シングルス3回戦は、第21シードの錦織圭(日清食品)が、第13シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を6-4、6-4、5-7、6-1で破り、2年ぶりの16強進出。

 3時間を超える熱戦の末、シュウォーツマンとの壮絶な打ち合いを制した錦織に笑顔は少なかった。「出だしが苦しく大変な試合になった」。スコア以上の激戦で、コート上での表情は疲れ切っているように見えた。

 序盤から硬さが見られた錦織は、第1セットで1-4とリードされたが、徐々に硬さがとれるとバックハンド…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです