メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校相撲

埼玉栄7回目V 個人戦は花田 宇佐大会

 第60回選抜高校相撲宇佐大会(日本相撲連盟、大分県宇佐市、毎日新聞社主催)が2日、大分県宇佐市の市総合運動場相撲場で全国から42校が出場して開かれ、団体戦は埼玉栄が2大会ぶり7回目の優勝を果たした。個人戦は花田秀虎(和歌山商)が2連覇を狙った斎藤大輔(埼玉栄)を破り、初優勝を果たした。

埼玉栄「4冠」

 主力のけがを乗り越えた埼玉栄が総合力で今年四つ目のタイトルを手にした。

 優勝した8月の全国高校総体と同じ顔合わせになった鳥取城北との決勝。先鋒(せんぽう)は足首のけがを抱…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1089文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです