メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ陸上

佐藤、男子400と1500大会新 日本選手権

 パラ陸上の日本選手権は2日、高松市の屋島レクザムフィールドで行われ、男子400メートルと1500メートル(ともに車いすT52)の世界記録保持者、佐藤友祈(WORLD-AC)が400メートルを56秒23で制した。出場1人の1500メートルでも3分29秒90をマークし、両種目で自身の大会記録を更新した。女子100メートル(切断などT47)は重本(旧姓・辻)沙絵(日体大大学院)が13秒42で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更
  5. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです