メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はや2くん質問箱

「イオンエンジン」の燃料は、なぜキセノン?

 Q はやぶさ2の主エンジン「イオンエンジン」の燃料には、なぜキセノンが使われているのですか?(田川泰二・54歳)

 A 探査機の軌道を変えるには、ガスをなるべく高速で噴射すればよいことになります。これまでの化学(燃料を使った)エンジンでは燃料を燃やすことでガスを噴射していましたが、イオンエンジンではキセノンをイオン化(プラズマ)にして、そこに電圧をかけて加速して噴射しています。

     キセノンを使っている理由は次のような利点があるからです。

     (1)単原子分子(1個の原子だけでできている分子)であるため、2原子以上からなる気体よりも電離電圧が小さく、加えたエネルギーが加速に使われる割合が多くなる。

     (2)他の物質と反応しにくい。

     (3)質量(原子量)が大きいので、加速の効率がよい。

     はやぶさ初号機でも、イオンエンジンにはキセノンが使われていました。


     探査機「はやぶさ2」の旅や機体のこと、小惑星リュウグウの素顔、太陽系探査のこれからなど、なんでもQ&Aを紹介します。「!」や「?」がいっぱい見つかるはずです。このコーナーは、日本惑星協会の「『はやぶさ2』どんなことでも質問 ” 箱 ”」から許可を得て転載しています。質問がある場合は、同協会のウェブサイトから投稿してください。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
    2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
    3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
    4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
    5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです