メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デル・テクノロジーズ選手権

[速報]松山は通算6アンダー25位タイで最終日へ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

デル・テクノロジーズ選手権 3日目

PGAツアー第46戦 デル・テクノロジーズ選手権/マサチューセッツ州 TPCボストン

 ノートン(マサチューセッツ州)で開催されているフェデックスカップ・プレーオフ第2戦のデル・テクノロジーズ選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場していたが、小平は予選落ちした。松山は通算6アンダー25位タイに順位を上げた。

MORE:デル・テクノロジーズ選手権の最新スコアはここをクリック!

 松山は通算2アンダー34位タイで3日目を迎え、この日は1番ホールからスタート。2番パー5でチップインイーグルを奪うと、3番パー3、4番パー4、5番パー4でバーディを重ねた。8番パー3をボギーとしたものの、前半を4アンダーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー3でバーディを加えたが、12番パー4と13番パー4でボギーが続いた。その後、14番パー4と15番パー4でバーディを取り返したが、16番パー3を再びボギーとした。

 結局、この日のスコアは1イーグル、6バーディ、4ボギーの4アンダー67(パー71)。通算6アンダー25位タイとなった。

アブラハム・アンサーが6アンダー65でプレーし、通算13アンダー単独首位に浮上した Photo by Patrick Smith/Getty Images

 3日目終了時点で首位に立ったのは、アブラハム・アンサー(メキシコ)。通算7アンダー5位タイで3日目を迎え、6アンダー65でプレー。通算13アンダーまでスコアを伸ばした。

 首位と1打差の通算12アンダー2位タイに、フェデックスカップ・ランキング1位のブライソン・デシャンボー(米国)とティレル・ハットン(イングランド)の2人が並んだ。

 首位と2打差の通算11アンダー4位タイに、キャメロン・スミス(豪州)とジャスティン・ローズ(イングランド)の2人が続いている。

 通算11アンダー単独首位で3日目を迎えたウェブ・シンプソン(米国)は、5オーバー76とスコアを落とし、通算6アンダー25位タイに後退した。

 前年覇者でフェデックスカップ・ランキング3位のジャスティン・トーマス(米国)は、通算イーブンパー56位タイで3日目を迎え、1アンダー70でプレー。通算1アンダー60位タイ。

 5年ぶりのプレーオフ出場となったタイガー・ウッズ(米国)は、通算4アンダー21位タイで3日目を迎え、3アンダー68でプレー。通算7アンダー16位タイにつけている。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです