メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

徳島南部に上陸 「非常に強い」93年以来 最大瞬間60メートル

台風21号の接近で、高波が打ち寄せる安芸漁港=高知県安芸市で2018年9月4日午前9時、山田尚弘撮影

 非常に強い台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した。中心気圧は950ヘクトパスカルで最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の南東側190キロ以内と北西側90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。「非常に強い台風」の日本上陸は1993年の台風13号以来、25年ぶり。北日本から西日本の広い範囲で猛烈な雨や風となる見込みで、気象庁は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けている。同日夕には日本海に抜けて北上する見通し。

 気象庁によると、高知県田野町では4日午前、1時間に92・0ミリの猛烈な雨を観測。同県の室戸岬では4…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです