メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情報科

高校教員、兼務4割関連薄く 保健や音楽専門

高校の免許外教科担当の件数

 高校の必修教科「情報科」を担当する免許外教科担任(免外)の4割近くが保健体育、音楽など関連の薄い教科の免許状しか持っていないことが、大学教授らが役員を務める社団法人「情報処理学会」(東京都)の調査で明らかになった。免外は所有する免許状とは異なる教科を教える教員。情報科は政府が重視する人工知能(AI)を活用できる理数系人材育成の基礎となる教科だが、専門性の低い教員が教えている現状が浮き彫りになった。【伊澤拓也】

 情報科を教える免外が所有している免許状は、情報処理の分野がある商業が最も多く282件。情報の基礎と…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1048文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです