メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

建国70年・北朝鮮の「論理」 小倉紀蔵さんと考える

京都大の小倉紀蔵教授=京都市左京区で、梅田麻衣子撮影

 北朝鮮が9日、建国70周年を迎える。王朝、独裁、世襲……。さまざまに批判されながらも、しぶとく生き抜いてきた秘密はどこにあるのか? 政治・外交からのアプローチだけではよくつかめない。そこで東アジア哲学が専門の京都大教授、小倉紀蔵さんと「思想の国」としての彼らの論理を考えた。【鈴木琢磨】

米国は「普遍の存在」 「主体思想」の概念変え、繁栄へまい進か

 一冊の本がずっと気になっていた。昨年11月、司馬遼太郎さんと親しかった在日の歴史学者、姜在彦(カンジェオン)さんが91歳で亡くなった。私は大阪のご自宅に線香をあげに行ったのだが、書棚に付箋だらけの新書があった。450ページを超える圧倒的分量、あちこちに赤線も引いてある。小倉さんの新刊「朝鮮思想全史」(ちくま新書)だった。「姜在彦先生が……。感慨深いです。日本に朝鮮の思想を見わたす入門書がなかったので」。大学の研究室で、本に埋もれた教授は恐縮するが、隣人を知る基本テキストすらこの国は持ちえなかった事実に驚く。

 読むと、かの地で暮らす人がなぜ、あれほど激烈で、純粋で、楽天的か、思想の森を分け入っていく感じがし…

この記事は有料記事です。

残り2294文字(全文2775文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  5. NGT48暴行問題会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです