メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外広島がリーグ3連覇 9度目のV
特集ワイド

建国70年・北朝鮮の「論理」 小倉紀蔵さんと考える

京都大の小倉紀蔵教授=京都市左京区で、梅田麻衣子撮影

 北朝鮮が9日、建国70周年を迎える。王朝、独裁、世襲……。さまざまに批判されながらも、しぶとく生き抜いてきた秘密はどこにあるのか? 政治・外交からのアプローチだけではよくつかめない。そこで東アジア哲学が専門の京都大教授、小倉紀蔵さんと「思想の国」としての彼らの論理を考えた。【鈴木琢磨】

米国は「普遍の存在」 「主体思想」の概念変え、繁栄へまい進か

 一冊の本がずっと気になっていた。昨年11月、司馬遼太郎さんと親しかった在日の歴史学者、姜在彦(カンジェオン)さんが91歳で亡くなった。私は大阪のご自宅に線香をあげに行ったのだが、書棚に付箋だらけの新書があった。450ページを超える圧倒的分量、あちこちに赤線も引いてある。小倉さんの新刊「朝鮮思想全史」(ちくま新書)だった。「姜在彦先生が……。感慨深いです。日本に朝鮮の思想を見わたす入門書がなかったので」。大学の研究室で、本に埋もれた教授は恐縮するが、隣人を知る基本テキストすらこの国は持ちえなかった事実に驚く。

 読むと、かの地で暮らす人がなぜ、あれほど激烈で、純粋で、楽天的か、思想の森を分け入っていく感じがし…

この記事は有料記事です。

残り2294文字(全文2775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 沖縄知事選 公明は佐喜真氏全面支援 支持母体・創価学会から反発も 4年前は自主投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです