メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「夢印」ほか

 ■夢印(むじるし)(浦沢直樹著・小学館・842円)

 仏ルーブル美術館の依頼で執筆された漫画。大借金を背負った父娘がたどりついた先は一軒の古い館。そこにいた一人の男に、ルーブルから絵を盗む一発逆転の策を授けられる。この男こそ赤塚不二夫が生み出したキャラクター「イヤミ」。バカバカしくも隅々まで練られたドタバタに、ロマンと不可解をまぶした浦沢節がさえる。(内)

 ■和声法がぐんぐん身につく本(土田京子著・ヤマハミュージックメディア・1026円)

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです