メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「将軍 SH〓GUN」の撮影現場で、監督補の南野梅雄は時代や風俗の考証も手伝った。ハリウッドが日本を舞台に映画を作ると、しばしば噴飯ものの珍品になりがち。そうならないように、おかしなところがあれば監督やプロデューサーに修正を求めるお目付け役。南野は「ストーリーをいじるわけにはいかないけど、恥ずかしくないものにしたかった。主演の三船敏郎さんの影響力が強くて、三船さんが意見すると向こうが黙ってしまうから、彼に言いに行きました」と積極的に発言した。

 「妥協もしたので、出来上がったらおかしなとこがいっぱいあるんですよ」。南野はそう言うが、本格的な時…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです