メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外来種

アライグマ、分布域10年で3倍 生息なし3県のみ

増える外来種

 環境省は、生態系を乱す外来種のアライグマの分布域が、約10年前と比べ全国で3倍近くに広がったとの調査結果を発表した。生息情報がなかったのは3県だけで「繁殖力が強く、さまざまな環境で生息できるため、分布域が拡大している。引き続き捕獲などの対策が必要だ」としている。

環境省調査

 環境省は全国を5キロ四方の区画に分けて、全ての市区町村に2010~17年にアライグマが確認されたかどうか尋ねて分布を調べた。その結果、20%の場所で生息情報があった。同様の方法で調べた05~06年の前回調査では7%ほどだっ…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 自民総裁選 進次郎氏「違う声を強みに」 石破氏支持理由
  5. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです