メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東・東北豪雨

常総水害3年 災害への備え学ぶ 保護者待ちや避難所運営体験 小中学校 /茨城

 常総市内の全小中学校で3日、水害を想定した防災学習が行われた。同市は3年前の関東・東北豪雨で大きな被害に遭って以来、毎年この時期に防災訓練を行っており、今年で3回目。きょうだいが集まり保護者の迎えを待つ訓練や、避難所の運営を体験した。【宮田哲、鈴木加代子】

 常総市本石下の市立石下中学校では、校区内にある市立の3小学校と3幼稚園と合同で、年長のきょうだいが弟妹の元に駆けつけ、合流して一緒に保護者の到着を待つ防災訓練を実施した。

 きょうだいが集まることで、迎えに行く保護者の負担を減らすと同時に、児童生徒の防災意識を高める狙い。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に
  5. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです