メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 悔いのない最期のために/下 /福岡

 ■今回のテーマ 悔いのない最期のために

 「悔いのない最期のために」のテーマで7月7日、北九州市小倉北区の井筒屋で開かれた第224回患者塾。金融機関に顔見知りを作っておく意義や、地域包括ケアにおける病院の役割について、医師ら専門家が解説した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆福岡県大牟田市の男性(68)

 父の死後、普通預金や定期預金などあちこちにあった口座の整理、自動引き落としの変更など手続きに疲れ果てました。

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文1978文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです