メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 悔いのない最期のために/下 /福岡

 ■今回のテーマ 悔いのない最期のために

 「悔いのない最期のために」のテーマで7月7日、北九州市小倉北区の井筒屋で開かれた第224回患者塾。金融機関に顔見知りを作っておく意義や、地域包括ケアにおける病院の役割について、医師ら専門家が解説した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆福岡県大牟田市の男性(68)

 父の死後、普通預金や定期預金などあちこちにあった口座の整理、自動引き落としの変更など手続きに疲れ果てました。

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文1978文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです