メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ取材記者、実刑判決 国家機密法違反 ロイター非難「民主化後退」

(上)裁判所を離れる際、報道陣の取材に答えるワロン記者と、(下)警察官に付き添われ裁判所を離れるチョーソウウー記者=いずれもヤンゴンで3日、AP

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」への迫害問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人が国家機密法違反で起訴された事件で、最大都市ヤンゴンの裁判所は3日、2人に禁錮7年の判決を言い渡した。ロイター通信は「ミャンマーの民主化において大きな後退だ」との声明を発表。ロヒンギャ問題への対応を含め、アウンサンスーチー国家顧問兼外相が事実上率いる政権への批判が、国際社会であらためて強まりそうだ。【西脇真一】

 2人の弁護士は「解放のためにできることは何でもする」と、控訴する意向を示した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイス ピノがCMをやめた理由
  2. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. ORICON NEWS “冬アイス”定着の陰で『100円みぞれ』が販売終了、ふわサク「進化系かき氷」戦争へ
  5. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです