メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ取材記者、実刑判決 国家機密法違反 ロイター非難「民主化後退」

(上)裁判所を離れる際、報道陣の取材に答えるワロン記者と、(下)警察官に付き添われ裁判所を離れるチョーソウウー記者=いずれもヤンゴンで3日、AP

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」への迫害問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人が国家機密法違反で起訴された事件で、最大都市ヤンゴンの裁判所は3日、2人に禁錮7年の判決を言い渡した。ロイター通信は「ミャンマーの民主化において大きな後退だ」との声明を発表。ロヒンギャ問題への対応を含め、アウンサンスーチー国家顧問兼外相が事実上率いる政権への批判が、国際社会であらためて強まりそうだ。【西脇真一】

 2人の弁護士は「解放のためにできることは何でもする」と、控訴する意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです