メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

あの日、秋天高く=玉木研二

 <ka-ron>

 「世界中の青空を全部東京に」という開幕実況アナウンスが伝わる1964年東京オリンピック。その会期(10月10~24日)決定までには曲折があった。

 毎日新聞でたどると、61年3月、日本の東京大会組織委員会は会期として検討する5案を挙げた。

 5月23日~6月6日▽6月1~15日▽6月7~21日▽6月14~28日▽6月21日~7月7日である。ほとんど「雨中大会」と名づけたくなるような時季だ。事情がある。

 組織委は季候のよい5月開催を望んだが、国際オリンピック委員会(IOC)は「競技シーズンには早すぎる…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです