メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

あの日、秋天高く=玉木研二

 <ka-ron>

 「世界中の青空を全部東京に」という開幕実況アナウンスが伝わる1964年東京オリンピック。その会期(10月10~24日)決定までには曲折があった。

 毎日新聞でたどると、61年3月、日本の東京大会組織委員会は会期として検討する5案を挙げた。

 5月23日~6月6日▽6月1~15日▽6月7~21日▽6月14~28日▽6月21日~7月7日である。ほとんど「雨中大会」と名づけたくなるような時季だ。事情がある。

 組織委は季候のよい5月開催を望んだが、国際オリンピック委員会(IOC)は「競技シーズンには早すぎる…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです