メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

あの日、秋天高く=玉木研二

 <ka-ron>

 「世界中の青空を全部東京に」という開幕実況アナウンスが伝わる1964年東京オリンピック。その会期(10月10~24日)決定までには曲折があった。

 毎日新聞でたどると、61年3月、日本の東京大会組織委員会は会期として検討する5案を挙げた。

 5月23日~6月6日▽6月1~15日▽6月7~21日▽6月14~28日▽6月21日~7月7日である。ほとんど「雨中大会」と名づけたくなるような時季だ。事情がある。

 組織委は季候のよい5月開催を望んだが、国際オリンピック委員会(IOC)は「競技シーズンには早すぎる…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです