メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

自民党総裁選 「あと3年」に何を問うか=論説副委員長・人羅格

鹿児島で桜島を背景にして出馬表明した首相。NHKドラマ「西郷どん」を意識しての演出とみられる=鹿児島県垂水市の海潟漁港で8月26日、新開良一撮影

毎日 経済政策の弊害を重視/読売・産経 9条改憲の議論促す

 自民党総裁選が事実上、スタートした。安倍晋三首相に石破茂元幹事長が挑む構図だ。

 首相が3選されればあと3年、総裁の任期を得る。第1次内閣を含め戦前、戦後を通じて最長の「10年政権」が可能となる。位置づけの重い党首選びである。

 8月26日、鹿児島で首相は出馬を表明した。総裁選で論戦が行われるのは6年ぶりだ。だが、これを受けた社説には、きちんとした政策論争が行われるかどうかを懸念する論調が目立った。

 首相の出馬表明は政策の具体的説明を欠いていた。毎日新聞は「石破氏がテーマごとの公開討論会を求めるの…

この記事は有料記事です。

残り2143文字(全文2422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです