メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

人材として難民受け入れよう=滝澤三郎・国連UNHCR協会理事長

 2017年末の世界の難民の数は2540万人にもなった。各国で難民の受け入れ制限が強まる中で、国際社会は難民保護の責任分担の新枠組みを模索している。国連は今年末までに「難民に関するグローバル・コンパクト」を策定し、受け入れルートの拡大、難民の自立促進、難民を抱える途上国への支援、本国帰還の環境整備などを打ち出す予定だ。

 日本の昨年の難民認定による受け入れは20人にとどまった。国力相応の責任分担をしていない国と見られて…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1314文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです