メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーバック

自民党総裁選・2012年 決選投票で安倍氏逆転

総裁選後に握手する安倍晋三氏(右)と石破茂氏=自民党本部で2012年9月、藤井太郎撮影

 2012年9月の自民党総裁選は大方の予想を覆し、安倍晋三元首相が決選投票の末、総裁に返り咲いた。同党は年末の衆院選で圧勝して政権を奪還。安倍氏が5年半を超える長期政権を築く出発点の総裁選になった。

 当初、派閥長老が支援した石原伸晃幹事長が優位とみられていたが、再選に意欲的だった谷垣禎一総裁を押しのける形で立候補表明したため流れが変わった。麻生太郎元首相は「平成の明智光秀。私の人生哲学には合わない」と石原氏を痛烈に批判した。

 石原氏と石破茂元防衛相の争いに割って入ったのが安倍氏だ。07年参院選で自民党が惨敗した後、健康問題…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです