メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

売電利益

小水力発電施設に納付求める 検査院

 国の農業農村整備事業などで整備された小水力発電施設について会計検査院が調べたところ、2012年に電力の固定価格買い取り制度が始まって以降、利益が最大で制度導入前の約4・3倍に上昇していた。制度上、余った利益は国庫に納めることになっているが、17年度末までに納付実績はなく、検査院は3日、所管の農林水産省に改善を求めた。

 同事業では、1983~15年度までに75施設が整備され、国庫から都道府県などに約207億円が支出さ…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです