メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

森保J始動 日本代表合宿

日本代表の選手たちとランニングをする森保一監督(後方左)=竹内幹撮影

 サッカー日本代表は3日、森保一監督が初めて指揮を執る国際親善試合のチリ戦(7日、札幌ドーム)に向けて札幌市内で合宿を開始した。

 今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会後初の代表活動で、槙野(浦和)や初招集の冨安(シントトロイデン)、伊藤(ハンブルガーSV)ら19人が参加。この日はジョギングなど軽めのコンディション調整となり、ほとんどボールを使わず約45分間で終わった。4日に堂安(フローニンゲン)ら残る4人が合流して23人がそろう予定。

 11日は、日本代表は大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカと対戦する。【大島祥平】

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文850文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 訃報 中尾栄一さん88歳=元自民党衆院議員
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです