メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

森保J始動 日本代表合宿

日本代表の選手たちとランニングをする森保一監督(後方左)=竹内幹撮影

 サッカー日本代表は3日、森保一監督が初めて指揮を執る国際親善試合のチリ戦(7日、札幌ドーム)に向けて札幌市内で合宿を開始した。

 今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会後初の代表活動で、槙野(浦和)や初招集の冨安(シントトロイデン)、伊藤(ハンブルガーSV)ら19人が参加。この日はジョギングなど軽めのコンディション調整となり、ほとんどボールを使わず約45分間で終わった。4日に堂安(フローニンゲン)ら残る4人が合流して23人がそろう予定。

 11日は、日本代表は大阪・パナソニックスタジアム吹田でコスタリカと対戦する。【大島祥平】

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文850文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです