メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

安倍首相、九州行き取りやめ 災害対応を優先

非常災害対策本部会合で発言する安倍晋三首相(左から2人目)=首相官邸で2018年9月4日午前11時35分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相(63)=自民党総裁=は4日、台風21号に備えるため、党総裁選に向けた支持固めで予定していた福岡、熊本両県の訪問を中止した。首相は同日午前の自民党役員会で「災害対策に万全を期す」と説明した。その後、首相官邸で非常災害対策本部会議を開き、関係省庁に「被害の発生を極力防ぐよう全力を尽くすように」と指示した。

 首相は4日午後に福岡市で博多港などを視察後、同市と熊本県益城町で党の会合に出席し、総裁選への支持を訴える予定だった。

 一方、石破茂元幹事長(61)は4日、国会内で記者会見し、総裁選で訴える政策をまとめた動画の公開を発表した。

 動画は石破氏が視聴者に、これまで公表した8項目の政策を語りかける内容。4日は首相官邸の信頼回復などに取り組む「政治・行政の信頼回復100日プラン」、経済政策の2項目の動画を公開した。7日の告示までに憲法や地方創生など残りも順次公開する。

 石破氏は「候補者同士の政策論争をしたいが、なかなか機会が設けられない。どういう形で政策を発信できるかに腐心した」と動画を製作した理由を説明した。【高橋恵子、野間口陽】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです