メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家電量販店

「脱家電」酒や自転車、リフォームも

家電量販の市場規模

 家電量販店が「脱家電」を加速させている。酒や玩具に家具、自転車、リフォームといった電化製品以外の取り扱いを拡大。インターネット通販の台頭などで業界の市場規模は縮小しており、従来の薄利多売だけでは成長が見込めないためだ。

家電なし

 「カタログではなく、実物を見て手に触れられるのがいい」。東京都調布市のビックカメラ京王調布店で、電動マウンテンバイクを探しに来た地元客は笑顔で話した。2017年9月にオープンしたこの店の1階には約200台の自転車がずらりと並ぶ。

 家電量販店の「顔」である1階では今ならスマートフォン、数年前までは薄型テレビといった売れ筋品を陳列…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです