メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロイター記者有罪判決に欧米で批判

 ミャンマーの裁判所が3日、ロイター通信の記者2被告に国家機密法違反の罪で実刑判決を言い渡したことについて、欧米諸国や人権団体は報道の自由の侵害だとして一斉に批判した。民主化に向けたアウンサンスーチー国家顧問兼外相の姿勢を疑問視する声が国際社会で広がっている。

 英国のハント外相はツイッターで、判決は「報道の自由に対する大きな打撃だ」と批判、近くミャンマーを訪問し、この問題を取り上げる意向を示した。米国大使館は「法の支配と司法の独立に関する深い懸念…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです