メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州

密航難民の死亡率が急増 国際NGO活動制限原因か

UNHCR報告書 1~7月に1500人以上が死亡

 【ブリュッセル八田浩輔】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が3日に公表した報告書で、地中海を密航して欧州に入る難民・移民の数が今年に入って大幅に減少する一方、航海中に命を落とす割合が増えている傾向が明らかになった。主要な密航ルートのリビア沖で救助にあたってきた国際NGOの活動が制限されたことが原因とみられている。

     報告書によると、今年1~7月に中東・北アフリカから海を渡ってイタリア、ギリシャ、スペインに到着した難民・移民は前年同期比4割減の計7万2100人。イタリアでは8割も減った。

     入域数が減少した背景について報告書は、伊政権と出航地のリビア当局が2017年末から取り締まりを強化したことなどが影響したと指摘している。伊政権は難民・移民を乗せた救助船の接岸を拒否するなど、強硬な姿勢を掲げている。また全体のうち、3500人以上は保護者のいない未成年だった。

     一方、今年1~7月に1500人以上が渡航中に命を落とした。地中海からイタリアを目指すルートでは、死亡・行方不明者の割合は18人に1人で、前年同期の割合と比べて2倍以上に膨らんだ。

     報告書によると、リビア当局の監視強化によって、国際NGOの活動が制限された結果、難民・移民がより長い期間、危険な航海を強いられる事態につながっている。NGOの救助船はこの海域で昨年1~7月、3万9000人を救助した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
    5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです